So-net無料ブログ作成
検索選択

恋が叶うらしい [番外編]

窓の外を見たら[目]

満月が[満月]
この月 ”ストロベリームーン” だそう

望遠で撮影したら
赤い光を放ってるように撮れた[揺れるハート]
am170610.JPG
”恋を叶えてくれる月”という別名も

可愛い名前の月[揺れるハート]
嬉しくて深夜にブログアップいたしましたm(_ _)m

皆様の恋が叶いますように[ハートたち(複数ハート)]


コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

号外☆お見逃しなく [番外編]

去年
どうしても観たく
日帰り京都を決行し[新幹線]
清水三年坂美術館”刺繍と天鵞絨”展へ[るんるん]
ご報告記事↓
http://atelierm.blog.so-net.ne.jp/2016-11-11

そのとき展示されていた
数々の明治大正時代の刺繍絵画[ぴかぴか(新しい)]
超絶技法[exclamation×2]
針と糸で表現された絵画は言葉では表現できない
迫力 魅力 美しさ 感動 です[ー(長音記号2)]

刺繍した人物の繍印があるのは珍しく
「獅子図」には ”加藤 針” と

愛読書[本]でもある
清水三年坂美術館
明治の刺繍絵画のコレクションをまとめた
こちらの本↓
明治の刺繍絵画 名品集: 清水三年坂美術館コレクション

明治の刺繍絵画 名品集: 清水三年坂美術館コレクション

  • 作者: 村田 理如
  • 出版社/メーカー: 淡交社
  • 発売日: 2014/07/02
  • メディア: 大型本

にも掲載されております。

そして

今夜テレビで
”加藤達之助 刺繍絵画「獅子図」”が特集されます[かわいい]

絶対見逃せない[exclamation×2]

美術館の解説プリント、本では
加藤辰之助となってますが・・・

とにかく
楽しみ[黒ハート]
 
今夜 10時
テレビ東京 ”美の巨人”
お見逃しなく[ハートたち(複数ハート)]

コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

乙女は銀座へGO [番外編]

銀座では乙女心をくすぐるイベントが[るんるん]

和光ホールでは5月14日まで
リモージュボックス展
http://www.wako.co.jp/exhibitions/540
旅行 趣味の世界(ソーイングも[手(チョキ)]) お花 動物 クリスマスなど
テーマがある手のひらサイズの陶器のボックス
観ているだけでも幸せ[揺れるハート]
運命の出会いがあるかも[ー(長音記号2)]
あるいは大切な人への贈り物[プレゼント]が見つかるかも

銀座三越7階催事場では
16日まで フランスフェアーPART2が開催
素敵な刺繍キット 雑貨を扱う
パリ11区にある”レ・ブロドゥーズ・パリジェンヌ”も出展
刺繍好きの心をくすぐるものばかり
http://www.mitsukoshiguide.jp/ginza/francefair/
もちろんフランスの素敵な物
美味しい物もいっぱい[ハートたち(複数ハート)]

曇り空の日も
銀座四丁目は乙女色[黒ハート]

コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

おすすめ展覧会”ファッションとアート” [番外編]

5月5日 晴天[晴れ]

美術館へ行く前に
久々横浜 中華街でランチ[るんるん]

朝陽門[かわいい]
am1705051.JPG
予想以上の混雑にびっくり[がく~(落胆した顔)]

頑張って目的のお店へ
しっかり美味しいランチ頂きました[わーい(嬉しい顔)]

みなとみらいへ[電車]
横浜美術館で6月25日まで開催中の
”ファッションとアート 麗しき東西交流展”へ行って参りました[手(パー)]
am1705052.JPG
19世紀後半から20世紀前半のファッションと美術が楽しめる。

アールヌーボが重なる

”文化が交流すると美が極まる”
大満足の展覧会
観て楽しく多くのことを学べた展覧会でした[黒ハート]
お教えくださったK様 有難うございます<(_ _)>

ファッション好きな方はお見逃しなく[exclamation]

素敵な刺繍にも沢山出会えますよ[ハートたち(複数ハート)]

単眼鏡[目]お忘れなく(^_^)/


コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

幸せの青い鳥に出会った [番外編]

竹寺の精進料理

筍と数々の薬草などを
季節の草花と俳句が添えられて
竹の器でいただく[るんるん]
am17050310.JPG
am17050311.JPG
am1705037.JPG

採りたての山菜・筍はとにかく美味しい[ハートたち(複数ハート)]

境内では
芍薬が美しく咲き
am1705039.JPG

珍しい草花も沢山

そして
幸せの青い鳥に出会った
オオルリ様[揺れるハート]
am1705038.JPG

鶯の美しい歌声も楽しめ
幸せなパワーいっぱいの一時を過ごせました[わーい(嬉しい顔)]

竹寺
埼玉県飯能市南704

季節ごとに訪れたいな[黒ハート]


コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

貴重な御朱印 [番外編]

GW後半初日[モータースポーツ]

リフレッシュして参りました[手(パー)]

レッドアロー号にのって
埼玉県 飯能へ
駅から車で30分 山奥へ[車(RV)]

竹寺

名前の通り珍しい竹や[かわいい]
am1705032.JPG

成長した筍や[るんるん]
am1705033.JPG

もちろん竹林も[ハートたち(複数ハート)]
am1705031.JPG

茅の輪をくぐって
am1705035.JPG

本殿へ
am1705036.JPG
しっかりお参りをして

竹寺の精進料理を
頂きました[揺れるハート]

東京から近くてちょっと遠い
竹寺のご朱印 貴重[手(チョキ)]

新緑が美しく豊かな時間を満喫

つづく[ー(長音記号2)]

竹寺
http://www.takedera.com/
コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ゴールデンウィーク スタート♪ [番外編]

東京晴天[晴れ]

ゴールデンウィークスタート[モータースポーツ]

東京ビッグサイトで開催中の
日本ホビーショー2017も
いよいよ最終日

昨日は安田成美さん 千秋さん 森泉さんがご来場
本日はどなたかいらっしゃるのかしら[るんるん]

ホームworldゾーン
アルスコーポレーション ブースで
11時、13時、15時
ワークショップ開催しております[かわいい]
本日はレモン[ぴかぴか(新しい)]
am170429.JPG
レモンの香り付きフェルトブローチです[リボン]

皆様にお会いできるの楽しみにしております[ハートたち(複数ハート)]
気をつけてお越しください[黒ハート]

夕方突然の雷雨[雷][雨]の予報がでております。

素敵なGWをお過ごしください[揺れるハート]
コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

知らない世界☆趣味の世界 [番外編]

自分の知らない
趣味の世界は
驚くとこが多い[ハートたち(複数ハート)]

幅広い分野の趣味の世界が一堂に集まる
日本ホビーショー[ぴかぴか(新しい)]
第41回 2017 日本ホビーショー

是非ご体験ください。

ホームWORLD ゾーン
アルスコーポレーション ブースにて
iDChock はさみを使用して
”香るフェルトブローチ~簡単ステッチとビーズ~”
開催します[るんるん]
詳しい情報↓
https://hobbyshow.jp/lineup/detail-47
会場で当日分の予約できます[ー(長音記号2)]

知らない世界
趣味の世界
満喫しましょうね[ハートたち(複数ハート)]


コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ディック・ブルーナ展 [番外編]

銀座で用事をすませ、

松屋銀座8階イベントスクエアで
5月8日まで開催の
”シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展”へ行って参りました[かわいい]

今年の2月に亡くなられた
ディック・ブルーナ氏

こぢんまりとしたスペースに
原画、スケッチ、ポスターなど
と一緒に
ディック・ブルーナ氏未発表遺作
"de beer is dood"が初公開
日本語訳がなく
オランダ語がわからないので
残念ながら内容が理解できない[もうやだ~(悲しい顔)]

ブルーナ氏が生み出してくれた
素敵な作品に囲まれ
しあわせ[揺れるハート]

そして
感謝の気持ちが溢れた[ハートたち(複数ハート)]

以前ブログでご紹介済みの
大好きな絵本
”bloemen-boek"の
マスキングテープが売られていたので
迷うわず購入[手(チョキ)]
マーガレット・チューリップ・水仙など彼の描いたお花は可愛い
am170421.JPG

入り口入ってすぐ
お裁縫道具の絵が
シンプルな線だけで表現されているのに
温かい

ディック・ブルーナ氏の
絵・デザインは全て温かい[黒ハート]

素敵な週末をお過ごしください[るんるん]
コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ミュシャ展の見方☆スラヴ刺繍 [番外編]

6月5日まで
国立新美術館で開催中の
ミュシャ展

チェコ国外
超大作”スラヴ叙事詩全20作
初公開[かわいい]

先日のブログでご報告済み
http://atelierm.blog.so-net.ne.jp/2017-04-09-1

それぞれこの超大作の見方があると思います。

刺繍好き ファッション好きの方に人気のスラヴ刺繍
ミュシャの作品の中に
豪華な刺繍とともにスラヴ刺繍が施された布(服など)がやはり
目にとまる
中でも
惨劇の凄まじさが伝わってくる
作品”12
中央下部分の布のスラヴ刺繍が印象的で
なぜヨーロッパで赤色刺繍が特別なのか
肌で感じることができたような気がしました。
血が描かれないミュシャの作品
彼はスラヴ刺繍に熱い思いを込めたのではと感じる
悲しさ・強さ・生命・家族の愛・平和への願いなど

彼の作品から刺繍の歴史を感じることができました

話は変わって
鑑賞した展覧会のチケットをスクラップするようになって20年以上
関係記事↓
http://atelierm.blog.so-net.ne.jp/2013-06-09

スラヴ叙事詩の1点 1995年に開催された
ミュシャ展で公開されていたと知り
チェック
am1704142.JPG
記憶にないけど観ていたんだ~

今回の展覧会若い方が多いと感じた
私も印象に残っているミュシャ展は
パリ国立図書館所蔵作品が初公開された
1991年
am1704141.JPG
スクラップしてあった[揺れるハート]
カタログは今でも宝物[本]

はじめの頃はチケットのみでしたが、
最近は展示目録やチラシも保存しております[手(チョキ)]

チケットを観るだけで
その時の感動が蘇ってくる展覧会も[ハートたち(複数ハート)]

老後の楽しみにこれからも続けたいと思っております(*^_^*)

お付き合いいただき有難うございました<(_ _)>
コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨